読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

「Fと成り得る者」あらすじや中身

あらすじ

-----------------------------------------------------------------------------

普通の高校で普通の生活。不可思議なことなど何もない世界の中で、主人公の日比谷は退屈な日々を過ごしていた。

「なあ、こんな都市伝説があるのを知っているか?」

友人であるDが、そんな話を日比谷にする。町外れの祠にある切り株に触れると死ぬという都市伝説。当然日比谷信じてはいなかったが、それを実際に試したDの様子が徐々におかしくなっていく。

日比谷は何も見えない。何も感じない。そこにいるとDが言う「やつら」というものも何のことだか全くわからない。しかしDの様子がおかしくなっていく度に、日比谷は見えないものに恐怖するようになる。それに抗うように、町の資料やネットでの情報を拾っていくが……。

---------------------------------------------------------------------------------------------

~本文より抜粋~

俺には見えない。あいつが何に恐れ、何から逃げているのかを。

しかしそれでも、俺は恐怖の片鱗を感じる。あいつが慄く度に、様子がおかしくなるのを見る度に、その影が徐々に視覚化される。想像という寛大で粗野な補完機能を使いながら、俺の中で見えない恐怖は一層強まっていく。