読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」発売直前情報 その一「あらすじと表紙」

新作販売まであと一週間ほど(予定)

それを見越し、これから徐々に新作の情報を小出ししていこうかと思います。中身の説明とか。

 

 

 

 

 

あらすじ

 

電子書籍ストアを通し、自分が書いた本を出版、いわゆる自己出版(セルフパブリッシング)をしていた初瀬明生(はせ・あきお)という男が強盗に殺された。

彼は死に際に小説を書いていたらしく、ほぼ完成されていた小説が現場のパソコンにあった。

 

小説は三編構成。

 

「軋む家」――ある男が聞いた話

 

「蝙蝠のはね」――ある男がまだ無垢だった頃の話

 

「剥落」――ある男が破滅へと向かう話

 

 

 

この三つである。

 

事件を捜査していた山辺という刑事は、この小説を読んでみることにした。

彼がその小説に興味を持った原因は、奇妙な前書きにあった。

 

 

 

あらすじはこんな感じです。これで完成では無く、もうちょっと興味を惹けるものにしたい。

 

 

次に表紙を紹介したいと思います。

 

f:id:haseakio:20160819211215j:plain

 

 

新聞の見出しっぽいものを目指して作ってみました。

一応これで完成ではありますが、もしかしたらどこか地味かも。もう少し改善点などがあればいいのですが。

 

 

 

というわけで取り急ぎ第一弾でした。明日はあらすじにもある「前書き」編です。

お楽しみに!