初瀬明生と小説とKDPと

Q.KDPとは? A.Kindle(電子書籍ストア)に自己出版できるサービスの事だよ!

次回作についてとこれからのマーケティング

久しぶりのブログ更新です。

 

次回作はレンタル探偵の続編となります。三編ほどの短編小説で構成されたもので、二〇万字程度の分量を目指したいと思います。

 

続編とはいっても、ここからでも読めるように作っていきます。前作の件は匂わす程度に抑え、ネタバレにはならないように努めます。前よりは取っ掛かりのあるものに仕上がるとは思います。

 

久しぶりの短編小説ですが、だいぶ書きやすいです。ただ三つ違う事件の基礎を作らないといけないのが面倒でした。基礎を増やすよりは、一つのものから派生するものに肉付けしていく方が基本的には楽なんですよね。だから長編を書くことが多いんですよね。今回は久しぶりの短編。読みやすさや取っつきやすさは大事にしたいと思います。変に続編だと触れ込まないのも大事なのかなと思いました。

 

 

「Dead end in アライブ」の方は、売れてないことはないんですが、続編を書くぞってなるほどではありません。こちらは少し寝かせますかね。せめて表紙を頼めて、その後余裕がある程度はあればいいのですが。

 

 

 

思えば色々と作品を書いていきました。前作なんて初めてのゾンビものを書きましたね。これまでだいぶ作品を書き、数撃ちゃ当たる戦法でいきましたが、

 

もうそろそろそういった手法はやめたいと思います

 

無作為に書きまくった結果、自分がどういう作品を書く人間なのか認知されづらいんじゃないかという危惧が、今さらながら芽生え始めました。そろそろある程度統一はしたいと考えています。

そこで足がかりを作るべく、まずは「レンタル探偵」で下地を作ろうと思います。ちょっと集中してレンタル探偵の短編を二作、長編を一作くらいは書く予定でいます。これで利益が出たら大したもの、もし微妙な結果になったらすぐさま方向転換します。

 

ぱっと思いついたマーケティングというか、何というか。数ある弾の中で唯一クリーンヒットしたのがこの探偵ものなんですよね。売れたって明確に言えるのはこれくらいです。なので、そこに集中してエセブランディングみたいな事をしたいのです。

 

まずこの作者はこういう作品を書く人なんだなってとっかかりを作る。

 

自分が今現段階で作れるものって、こういうものしかない。売れた物にさらに乗っかって認知度や作家の中身を知ってもらう。

ですので、これから年末、来年にかけてはこのような手法で行きたいと思います。ファンタジーやらSFには手を出さず、これ一本で行きたいと思います。ゾンビものは様子見で。

 

「このセルパブがすごい!」みたいなものをジャンル、テーマ別に分けてはどうか。

新作のランキングの推移が読めなぁぁぁぁい!!

 

なんてタイトルをつけて記事を書こうと思ったんですがやめました。

 

 

金曜あたりに角川セールがはじまり、こてんぱんにやられて地に沈んでいたのですが、今日の昼にランキングを見たらびっくり。なんと四桁に回復してるじゃありませんか。もうこの躁鬱みたいなランキングの上下移動っぷりに胃が受け付けなくて、某ハズ〇ルーペみたいな文言が頭に浮かび上がりましたが、

 

ここで待てよと。

そういえば思い当たる節があるじゃないかと、

 

 思い立ち止まった次第であります。

 

それがこれだ。

ushinosyousetsu.blog.jp

もしかしたら牛野さん経由でダウンロードされたのかもしれない。だとするなら、感謝しかありません。

もちろん自分の推測でしかありませんが、これ以外に急上昇したのは考えられない

! とにかく感謝! もう徳島に足を向けて寝られない!

 

…とまあ推測は置いておいて、みなさんこのブログは見ていただけたでしょうか。

僕はこの記事を見て、あることに気づいたんです。

 

 

あれ? これなら外の人にもすごくわかりやすくね?

 

 

すごく稚拙な感想ですが、そう思ったのだから仕方がない。

どうしてそう思ったかといえば、単純な話。テーマ別、ジャンル別(今回はゾンビもの)で紹介されていたからです。

 

こういう分け方というのはとても大事だと思うんです。というのも、マーケティング上選択肢が多ければ多いほど、人は商品を選ばない傾向にあるからです。

 

だとしたら、外に売るとしたら、選択肢を絞る方向で売り出してもいいかもしれません。

 

思いつく限りのジャンル別

クローズドサークル

・学園を舞台にしたミステリーor恋愛orドラマ

・ホラー

・あえてニッチなジャンルで統一

・R-18

 

自分が興味ある分野くらいしか思いつきませんでしたので、他にも色々あると思います。ニッチなのは、個人出版でむしろ強みとなるかも。具体的にはわかりませんが。

 

重ねて言いますが、すごくわかりやすかったんです。ひいき目はもちろんあると思いますが、ゾンビ系列でこんだけあるのか。読んでみようかなとはなりましたもん。

 

より外に届けやすくなるのは、こういう絞り方じゃないかなと思いました。

仮に作るとしても、名前や紹介文をどうするかは微妙なところ。セルフパブリッシングという名前を広めるのか、いいや普通に作品だけで勝負しようと「Kindle個人出版しております」程度にとどめておくのかは個々人の思想次第でしょう。

 

展開の仕方とか、何をすればいいのか、というのはさっぱりですが、こういうのどうですかって疑問を投げかけるのはちょうどいいかなと(中身がないと言ってはいけない)。

どうするのかはあなた次第! さあ誰か作るのです!(丸投げ)

 

最後に言っておきますと、昨日の牛野さんと他のフォロワーさんの会話が目について、この考えに至りました。(具体的には折羽さん、波野さん)。

このいい案が、TLの下流に流れるのを黙って見送るのはもったいない。そう思い、今回のブログを書きました。

 

牛野さんに取り上げていただいた作品↓

小説はジャンルによって売れやすい時間帯がある?

新作の「Dead end in アライブ」が出版されて早一週間となりました。しばらくランキングの推移を観察していたのですが、ここで奇妙な傾向が。

 

 

なぜか、深夜にしか売れないのです。

 

 

寝て起きた後にランキングを見てみると上がっている。しかし昼、帰った後にランキングを見てみると、何の変化もないまま緩やかに下がっていく。そのまま晩まで変化はなく、ふて寝して起きるとまたランキングが上がる…というサイクルが続いています。

 

これについてTwitterで疑問を呈してみると、フォロワーさんから助言をいただきました。

「深夜帯に親和性が高い作品の可能性があり。自分の作品もよく深夜に売れる」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:haseakio:20190912201205j:plain

 

 

 

……知らなかった。そんな傾向。

 

売れやすい時間帯くらいはあるのは当然です。しかし深夜帯に売れやすい作品があるのは、全く予想だにしなかったことでした。電子書籍ストアならではの現象と言いますか、本当に盲点でした。

 

ということは、ホラーは深夜に売れやすい?

…いやいや、そんな短絡的なものでもないはず。

理由を説明するのは難しいですが、深夜にしか売れないという現実、データがあるのだから仕方がない。

 

ありがたいことに、一日に何冊かダウンロードはされていますが、前述した通り、深夜に売れるのです。ということは、朝から昼くらいまでは見やすいランキング(ジャンル別)の位置にいるわけです。

それで、朝から晩まで売れない!!

これは由々しき事態です。このままではいずれランキング外の虚空へと消え去っていってしまう! 何とかしなければなりません。

 

といってもこちらができる手は限られているのですが…まあこれは次回作への糧にしましょうかね。

 

次回作の話はまだ早い。この一カ月はプロット作り、読書、マーケティングの勉強などをやっております。

 

読書で思い出しましたが、「このセルパブがすごい」のランキングは概ね固まってきました。もうちょっと読めば満足のいくものとなるでしょう。

まだねむさん(誰が言ったか黒船)の作品も読んでないんですよね。今月中には読みます。

 

そうそう。近いうちに彼女?に関する記事でも書きたいと思っています。クラウドファンディングを使った手法、マーケティングに関することですね。コンテクストの観点から切り込んでみたいと思います。素人なりの分析なので、クオリティは大目に見てね!

 

それではこのへんで。

 

新作「Dead end in アライブ」無料キャンペーン終了しました。

今日の午後4時頃に新作の無料キャンペーンが終了しました。SNSの宣伝ではたくさんのRT、いいね、DLありがとうございました。

 

f:id:haseakio:20190902181413j:plain

 

 

はじめてゾンビものに手を出してみたんですが、キャラを動かすのがとても楽しかった。書いてて楽しかった。

ただこのノリが、こういうジャンルに手を出す人が好むかどうかはこれからの結果次第。売り上げ次第。シリーズものとして計画しているのですが、採算が見込めなければやめます(シビア)。

 

 

この一カ月は、ある程度売り上げなんかを見定めて計画を決めていきます。この次回作のプロットと、レンタル探偵の短編のプロットを平行して作りましょうかね。

この次回作のアナウンスが一切なかった場合は…お察しください。逆に次回作が決定したら、表紙普通に頼めるくらいには売り上げてんだなと思ってください。

 

まあでもどうなんでしょう。シリーズものは巻追うごとに売り上げが下がると言いますし、あんまり中途半端だと中々踏み出せないかもしれません。

 

ひとまず、今月いっぱいまで様子を見ます。次回作の報告はその時に。

 

新作「Dead end in アライブ」出版報告&無料キャンペーン

昨日無事に出版申請しました。昼頃に出版が確認されたため、無料キャンペーン登録を行ってようやく宣伝に入ることができます。

 

タイトルは「Dead end in アライブ」、ジャンルはゾンビサバイバルホラー

 

f:id:haseakio:20190902181413j:plain

 

今回は表紙イラストを右の狛犬様、ロゴデザインをakio5535様に描いていただきました。お二人には感謝しかありません。ビバ外注。

 

 

 

 

さて、肝心の中身のお話なのですが、これは内容紹介より抜粋

 

 

パンデミックが起き、ゾンビだらけの島になった阿頼部島(あらいぶじま)。そこで二条院天音(にじょういん・あまね)と僕はサバイバル生活をしていた。救助のヘリからは全力で逃げ、ある目的を達成するため危険な島に居座り続けた。

 

そんな島にもたくさんの来訪者がいる。ゾンビを一目見たいと願う人、スリル満点の動画を撮りたいネット配信者、記事を書きたい記者、ゾンビに噛まれて自殺したいと願う人と様々だ。

 

しかしある日、ゾンビ撲滅を謳う組織「POZ」が、大量の債務者を引き連れて来てさあ大変。島にある遊園地はゾンビとクズで入り乱れとなり、大騒動へと発展する。

なぜ彼らは来訪したのか。組織の目的は何か。それらミステリーに巻き込まれながら、僕らも目的のため遊園地を行く。

 

 

 

内容紹介としてはこんな感じですね。一人の女性と一人のショタ。いわゆるおねショタ?ものです。ゾンビはびこる島におねとショタ…何も起きないはずがなく…。

 

まあ本当に何もないんですけどね。Rー18ではないので、直接的なエロ描写は一切ございません。Rー18にして書いてやろうかとは何度も思った。

 

むふふな場面はあるにはあるんですが、あれをむふふと呼んでいいのかわからないくらい微妙なエロくらいは入れてます。まあショタがどぎまぎする展開くらいはあります。

 

 

 

今回はキャラを動かすのがすごく楽しかった。プロットとキャラクター作りを時間掛けたおかげで、しっくりと来た感じはあります。とにかく執筆してて掛け合いをやるところは楽しかった。いいコンビだと思います。あと他にも個性的なキャラクターは出てきます。これも注目していただきたい。

 

おねショタコンビ(その他)が活躍するゾンビホラーミステリー。ぜひ明日までお待ちくださいませ。

 

そう。明日です。もう出版はされていますが、明日までお待ちください。なにせ明日から、無料キャンペーンを始める予定なのですから。

 

キャンペーンは明日9/3午後4時頃から9/5の午後4時頃になる予定です。多少は前後すると思いますが、夕方にはTwitterにて宣伝を行いますので、ぜひこの機会にDLしてください。

 

…ただいま目次や中扉の見栄えを求めて調整中。これを機会にまた誤字脱字を見つけて直す可能性もありますので、やはり明日ダウンロードをした方がいいと思います。よろしくお願いします。

新作「Dead end in アライブ」は八月末か九月に発売

表紙が出来上がったので新作の情報を小出ししていこうと思います。

 

今回は、表紙だけでなくロゴデザインも外注しました。いや、自分では絶対作れない、素晴らしい表紙にしていただいて感謝しかありません。推敲も捗る捗る。

 

 

 

ただいま絶賛見直し中の新作は、

 

「Dead end in アライブ ~ゾンビランド決死行~」

 

タイトル、サブタイトルが確定しました。

 

文字数は27万字。原稿用紙換算で680枚ほど。うん! レンタル探偵と大差ないや!

 

文字どおりゾンビものサバイバルホラーとなります。一人の女性とショタのコンビが、パンデミックが起こった孤島でサバイバルを行う物語です。割とギャグ調で進んでいきますが、基本はシリアスです。

おねショタと銘打っていいのかはわかりませんが、R15すら行かないまでも、ちょっとむふふな展開もあったりします。直球のエロはないです。R18で書きたい

 

 

今のところ新作で出す情報はこんな感じです。詳しい内容紹介や、表紙のお披露目はまた後日。ここからは余談です。

続きを読む

タイトルと表紙と内容紹介の重要性(おねショタの定義とは)

どうも。アラサーからサーになった初瀬明生と申します。

 

新作もいよいよ佳境。タイトルも決まり、表紙依頼も順調で、本文の執筆も後半70分くらいまで進みました。そろそろ内容紹介(ストアに表示されるあらすじ)の方も考えないといけません。

 

というわけで、人によっては悩んでしまう内容紹介についてお話をします。大事さと、注意点を主に話します。

 

これについてはちょっと思うところがありましてね。内容紹介って意外と、思っている以上に売り上げに左右するんです。いや当たり前だろ、って思った方もいると思います。まあお話を聞いてください。

 

昔、大した表紙でもないのに、過去作で2番目に売り上げを残した作品があるんです。

「21グラムの残滓」という作品。

 

21グラムの残滓

21グラムの残滓

 

お世辞にも表紙がいいとは言えません。ただ、どうして売り上げがこんなによかったのかなと分析しました。前に言った探偵×異能みたいな組み合わせだったからよかったのかもしれませんが、偏に内容紹介がよかったからかなと思いました。

いくら売れ線っぽいものを書いても、内容紹介が駄目だったら全て駄目になりますからね。

 

どうすれば本が読まれるのか(過去作の分析編) - 初瀬明生と小説とKDPと

 

このしょぼい表紙で売れたのですから、内容紹介はやっぱり大事(安直)。個人的には

タイトル:表紙:内容紹介=3:3:4くらいの割合な気がします。

もちろん他のも大事です。タイトル買いとか表紙買いという概念もありますので。でも、やっぱり内容紹介は大事。

 

内容紹介は意外と大事だよ! って話で締めたいのですが、ここで注意点が三つ。

 

 

1.その内容紹介が読者にとって食いつくものなのか。

2.内容紹介がちゃんと内容に従ったものなのか。

3.読者の期待を裏切らないのか。

 

 

「21グラムの残滓」のレビューを見ていただけるとわかるのですが、内容紹介に比べて中身がしょぼい。という感想が目に付きます。

いや、もうこれは反省するしかないです。前にいった3に該当するものですね。

1については成功したのですが、2、3については順に失敗した感じですね。こうなると後が続かない。いいことは何一つないです。一冊しか出さないというならともかく、これから書き続けるなら、なおさら。

 

というわけで、いくら内容紹介が大事と言っても、読者を裏切ってはいけません。内容紹介を奇抜にしても、ちゃんと内容に沿わないと駄目な事は、自身の経験上身に染みたことです。

 

これを踏まえて、新作の内容紹介はちゃんと考えないといけない。読者が興味を持つ、インパクトのある書きだし…内容紹介…。

 

救助のヘリが来たら全力で逃げるおねショタコンビが、孤島でゾンビサバイバルをする小説。

 

これで読者が興味を惹くのかわかりませんが…まあ今のところはこれでいこうかと思います。そもそもおねショタの定義は何なのか。カップリングとあるから、恋愛関係を想定しているのか、くんずほぐれずを期待して手に取る人もいるのではないか。

 

ちなみにくんずほぐれずも恋愛関係もありません。ただショタ側が一方的にお姉さんにいじられ、という関係。ショタ側は反発心を覚えつつ、ドギマギしている感じ。

 

ここを間違えたら「21グラムの乱」がまた起こりそうで怖いです。おねショタと聞いたのに×××のシーンがないじゃないか! とクレームが付けられそう。

 

果たしてこれをおねショタと呼んでいいのか。そもそもおねショタの定義は何なのか。専門家がいたらぜひ教えてもらいたい。お願いします!