読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

初瀬明生、表紙作りに勤しむ

次に出す作品はダークファンタジーですが、これはちょっとした風景画では物足りないなということで、人物を中心にどんと据え置きたいのです。

 

というわけで表紙は自作にします。

 

しかし自分には全く絵心がありません。ましてや人物なんか描けるはずがない。そう思い色んなサイトを見て回りました。

 

そこであるものを見つけました。「デザインドール」というソフトウェアです。

 

terawell.net

 

簡単にいえば、3D空間で人体モデルをあらゆるポーズにすることができるもの。これを使えば、人体のパースが狂う人でも安心。

続きを読む

やまがた麺パスポートVol.2を買いました。

f:id:haseakio:20161027182743j:plain

 

いやあ買っちゃいました。文字通り、外食が割引になるパスポートです。

具体的に言うと、このパスポートには一店舗につき、基本的に一つのメニューが載っており、それが540円で食べられる代物です。

 

使い方は簡単で、注文時にパスポートを見せて、会計時にページごとにあるスタンプ欄にスタンプを押してもらえば条件は達成です。注意が必要なのは、これが使えるのは一店舗につき三つまでということです。つまり三つのスタンプを押されたらそのページは終了です。

 

これ自体は1000円なのですが、700円以上のメニューが540円なので、3,4回使えば元が取れます。期限である三カ月以内にそれ以上を食べれば得をします。

 

 

……ええ、わかってます。こういうのを買うと逆に高くつくというのはわかっています。ポイントカードと同じで、普段は買わない(食べない)ところにも足を運んでしまうので結局金が掛かるのですよ。

 

でも私は山形県人。一週間に一回ラーメン屋には行くので充分お買い得だと思いました。後悔はしていない。

 

対象となる店はなんと県内のラーメン店100店舗。

山形市では優勝軒、ぬーぼう、あるます~ぷ

村山では満月、文月など。

置賜ではつけ麺心心、味麺かぐや

などがあります。

 

さすがに全部を載せるのは厳しいので、ぜひ本屋に行って確かめてください。

抹茶味のお菓子が嫌い

寒くなってきたのでこたつを出しました。東北はそれくらい寒くなりました。これがもう正解で、執筆もはかどるはかどる。こたつで食べるアイスも最高です。

 


f:id:haseakio:20161013192724j:image

 

さあこのアイスが販売される時期がやってきました。森永から販売されているチーズスティック。

 

これは僕が一番好きなアイスと言っても過言でもありません。他にもショコラ味などがあります。

 

今日も意気揚々とスーパーに行きました。

しかしそこで驚愕の事実を知ることになるのです。

 

抹茶スティック

 

そんな禍々しい字を見つけてしまったのです。

 

実は私、抹茶味のお菓子が嫌いなのです。普通の抹茶は好きなのですが、抹茶味のお菓子は許せないのです。甘いのか渋いのかわからないあの感じがどうも好きになれないのです。

 

しかしこれを人に言うと、信じられないという反応ばかりが返ってきます。

そう、周りを見渡せば、抹茶味バージョンのお菓子ばっかりあるじゃありませんか。これは需要があるということなのです。僕が異端なのです。

 

この気持ちをわかってくれるのは今のところ、マツコ・デラックスくらいしかいません。

みなさんはどうでしょうか? 抹茶味は好きでしょうか、嫌いでしょうか。

10月の予定

ちょっと久しぶりのブログ更新。

 

十月はもっぱら執筆のみですね。中旬に夜霧麗子はなぜモテないのか、という作品をなろうに投稿すると思います。色々考えましたが、カクヨムの方は二重応募に引っかかるため同じ日に消すことにしました。

割とするする書けます。二時間で4千字はいくのでいいペースだと思われる。

 

電子書籍の方の新作、無名の聖域はぼちぼち進んでいます。ただこのままのペースだと年明けになりそうです。なんとか年内には完成させたい。

こちらはかなり凝ろうとしてる作品なので、執筆が滞ることもしばしば。

 

この頃読書を全くしていないことに気づき、慌てて読み始める。読書の秋ですものね。この頃やたらと意欲が失せましたが、なんとか読もうとは思います。

 

 

これらに加えてリアルが忙しくなりそうなので、それが執筆にどう影響するか心配です。風邪も引きました。腰が痛くなりました。年をとったなあと思いました。

同年代は中田翔錦織圭溝端淳平水谷隼です。どれくらい僕が年をとったのかがわかるでしょう。若い時におっさんだと思っていた時期に、もう差し掛かっていると考えると憂鬱です。

次回作はダークファンタジーミステリー。タイトルは「無名の聖域」

ただいま執筆中です。ファンタジーというジャンルなので、魔法のある世界でのミステリーとなります。

 

 

舞台となる場所はリムルントという町。鎧戸がある木造の家々、川沿いの麦畑と家畜を飼う小屋、丘の上には石造りの領主の館と教会。そして片隅にひっそりとあるようなスラム街。

そんな町で、猟奇的な連続殺人事件が発生する。発見された死体は、みな頭の四分の一を切り取られていた。

 

 

 

前文からもわかる通り、割とグロテスクな内容となっております。

一人の殺人鬼を追う形で話は進んでいきます。その殺人鬼がまあくせ者で、一筋縄ではいかないという。そこには歴史と宗教も絡むミステリーが立ちはだかります。

 

たぶん今回かなり長いです。歴史と宗教についても結構調べないといけません。舞台は明かりがカンテラ、ランプ、ろうそくだった時代で、そこに魔法を加えるということでそれの兼ね合いなども考えないといけませんのでかなり時間が掛かりそう。ミステリーも考え煮詰めないといけません。

 

年内に発売できればな…と思います。

「夜霧麗子はなぜモテないのか」の続編について

すっかり秋となり、涼しくなって参りました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は風邪をひきました。

 

さて、今月の下旬にはカクヨムの漫画原作コンテストの一次の発表があります。それに投稿している「夜霧麗子はなぜモテないのか」ですが、これの続編を書いてみたい欲求が強くなりました。

 

元々超短編企画から生まれた作品で、それに色々肉付けをして三万字近く書きました。漫画原作ということで中途半端……もとい切りのいいところで終わりましたが、本来ならずっと書けるアイディアはあったのです。

 

演劇編、興北高校文学部編、高校の文化祭編などなど。

 

これはぜひ書いてみたいのです。

 

かし今はパソコンが壊れて執筆がままならないけどね!

 

それを直してからでないとどうにもなりません。本文やプロットはEvernoteというパソコンと同期できるものに書いているので大丈夫です。たぶん来月か、今月の下旬から公開はしたいと思います。小説家になろうにも投稿しようかと思っていますが、これはまだ未定。

まあ今月下旬を待ちましょう、そうしましょう。話はそれからです。

そんな「夜霧麗子はなぜモテないのか」はこちらから読むことができます。ぜひ一話だけでも見てってね!

 

夜霧麗子はなぜモテないのか(初瀬明生) - カクヨム

「ヴィランズ:悪役たちの物語」無料キャンペーンやります


f:id:haseakio:20160902211302j:image
唐突ですが、ヴィランズの無料キャンペーンを4日間、明日の午後5時から始めます。

なぜやるのかと言えば、ヴィランズを発売して一年が経とうとしているからです。あれから一年です。早いです。


あれから誤字脱字や話の流れを修正し、第四版となりました。そして昨日、ジャンルも少し変えました。
具体的にいえば、ライトノベルのみだったものにミステリーというジャンルを追加しました。これがいい方向に行けばいいのですが…

無料キャンペーンは明日9月3日の午後5時から9月7日午後4時59分までとなってあります。よろしくお願いします。