初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

東京フラッパーガール 1のレビュー

先ほどツイートで書いたレビューをそのまま載せます。

Amazonをフォローしてない人には見えないらしいとご指摘を受けたので、それの解消も兼ねて。以後気をつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(補足)

ツイートにも書いていますが、杉浦さんはこの時代が好きなんだろうなあと思います。

というのも、以前自分が1920年代のアメリカが好きだとブログに書いたら反応があったのです。

まあなんでそれが昭和初期が好きと関係があるかといえば、なんというかこの二つの時代は似ていると思うんです。どちらにもフラッパーという言葉があるくらいですし、雰囲気は少し似ているかも。あと大正という時代も好きです。

そんな時代を感じる小説。東京フラッパーガールをぜひこの機会にお楽しみください。

 

東京フラッパーガール 1

東京フラッパーガール 1

 

 

 

 

(補足という名の蛇足)

この時代を感じる映画はないだろうか。

ゲームでもいいのですが。

あれですか。葛葉という人物がいるから、ライドウ的なものを、デビルサマナー的なものをやればいいのでしょうか(あれは大正ですが)。

いいのがあれば教えてください。