初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

新作「Fire marks」初稿完成

Fire marksの初稿完成しました。

 

いやあ長くなりました。文字数は9万字弱。短編のつもりが中編くらいになってしまいました。

……というわけで、前回告知した2編構成というのは止めにします。これ以上書いたら20万字近くになってしまうのでまずい。前回告知した「霧雨の降る中で」は、またの機会ということになりました。

ですが値段は当初予定していたとおり100円のままです。無料キャンペーンもいつもどおり行います。お気軽にお買い求めください。

 

これからの予定としては、ひとまず今日ざっと見直して齟齬がないかを確認し、2週間ほど寝かせてそこから推敲という形です。早ければ5月末、遅くて6月上旬でしょうか。そこまで時間は掛からないと思います。

 

さて、今回の内容を説明する前にまずタイトルの「Fire marks」の説明をしなければならない。

これはそのまま読んで「焚き火跡」という意味になります。これが今回の事件と関わりを持つこととなるのですが・・・。

ちょっと非現実を入れたミステリーとなっております。あんまり凝ったミステリー要素はなく、比較的簡単なものです。難しいロジックはありません。変なクセがないオーソドックスなもので勝負します。しかし主人公はともかく、若干名のキャラクターのクセが強い!(ノブ)

 

今回の物語の主人公は、二人の高校生。一人は普通の男子高校生で、一人はヤンデレ入ってる女子高生。この二人で謎を解明していきます。

 

ヤンデレ×女子高生×探偵って商業にあるのだろうか・・・あったらまずいなと思いながら書きましたが、まあ被ったら被ったでいいのです。探偵とは書きましたが、この

女子高生が最後まで敵なのか、はたまた味方なのかはわかりません。

 

 

今回の物語のキーワード

焚き火跡

ヤンデレJK探偵

ちょっと非現実な現象

 

今回の情報はここまで! お読みいただきありがとうございました。