読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

月刊群雛 (GunSu) 2015年 08月号をレビューしてみた

なんとか次号発売前に間に合いました。パソコンが壊れたりとおかしなことになって遅れました。いや、申し訳ない。

さて、今回も今まで通り作品をレビューしましたが、とある二作品のみ少し違います。それはおいおい後述します。

レビュースタートです。敬称略で失礼します。

波野發作 『オルガニゼイション』

難しい単語や固有名が多く出ているため、最初はちょっと読みにくいきらいはあるかもしれません(SFだから仕方ないね)。

ただ、スピード感があり、設定はきちんと漏らさず言ってもテンポがいいので全体としては読みやすいと思います。そして戦闘シーンが終わった最後の場面。あれは・・・そういうことでいいんですよね?自分の思い違いでなければいいのですが。

チームプレイも必要、そして相手を落とすのが最終目的。まごう事なき戦争である。そして最初のピンダロスの文言が効いている。個人的にこういった技は大好きです。

充分これでも完結しているように思えますが、どう続くのでしょうか。

小林不詳 『とある陛下の遺言状』

文章が上手いなと、まず読み終えて思いました。作品は一人称の語りで進む、まるで誰かに説明するような中身は圧巻でした。

設定はものすごく凝ったんだろうと思います。普通の世界の裏でどんなことが行われているか。そしてとある陛下の苦悩を描き、そして託す者に対する心構えが緻密に書かれてあります。陛下の文章は淡々とは進みますが、その中に切羽詰まったものを感じます。陛下の説いている概念が、なんか現実世界とシンクロしそうなものである。

くろま 『リアリストの苦悩』

この時代の背景は、僕は生きたことがない、加えて田舎だったのでほとんど知らない。時代で言えば宮部みゆきの「火車」とかあそこらへんだろうか。とりあえず物語はそんな時代の、一人の男の生き様を中心に描かれている。

火曜サスペンス、スティーヴンキングの影響を受けたとありますが、まさしくそれが反映されているのではないだろうか(にわか)。特に男の苦労話などは火曜サスペンスにありそうな。そして特に最初のショッキングな部分。

そう。特に最初の部分。最初の場面はなんなのだろう。ものすごく気になる。

竹島八百富 『絆』

こんな動機なんて今まであったのだろうか。

最初の状況だけでは二人がどういう立場になっているかはピンとこないかもしれない。いや、状況自体はわかるけど、あまりにも二人のやりとりがおかしいのだ。それを後の語りでわかっていく。

全部読み、ものすごく異質な世界観だと感じました。奇妙と感動が同居する作品というのも珍しい。竹島さんの作品は何度か拝見させていただきましたが、あまりこういう方向性はないんじゃないだろうか。

最初にも言った通り、動機が異質すぎる。そしてそれを形作った経緯も現実世界からは離れたものだった。

淡波亮作 『光を纏う女』

なんともエロティックな作品である。淡波さんはSF主体に書かれていますが、こういった現実の話は初めて見るかもしれません。特に最初のショーの描写はいいですよ。タイトルそのままに、光をまとう女が踊るのです。その彼女の一挙一動が綿密に書かれ、さらにエロい。

夜の街が丁寧に描かれて作品の雰囲気がマッチしている。その夜の街、そして夜の女、光の対照が、より作品の雰囲気を醸し出しています。

ホラーと分類するべきかはちょっと迷う作品です。人間的な怖さというか、得体の知れない恐怖というのはありますが。とりあえず科学の力ってすげーとは一概には言えないことはわかりました。

ところでこの作品を見て、ぬ~べ~の天女の衣の話を思い出したのは僕だけだろうか。具体的には途中の行方不明のニュースがあった時。

晴海まどか(文)×合川幸希(イラスト)『ギソウクラブ』&くみ(文)×魅上満(イラスト)『井の頭cherry blossom』

連載最終回を迎えたお二方、お疲れ様でした。

僕は参加した月のみをレビューしているので、さすがに最終回だけを見てレビューするというのは失礼すぎるので、今回は見送ろうと思います。本当に申し訳ございません。

最後に

編集の方々、校正の方々、表紙のデザインを手がけた方々、本当にお疲れ様でした。

表紙は夏祭りに外国人が参加している様子を描いていると思いきや、火鉢があって金魚を焼こうとしているとは思わなかった。なんてすごい場面を描いた表紙!

特に僕の作品を校正してくれたお三方には感謝です。次回参加する時は、もうちょっと誤字脱字少なくするよう努力します・・・たぶん。

レビューは終えましたが、作品名や名前が違うよとか、解釈が違うよという箇所があれば遠慮無くお申し付けください。亜光速で直します。

最後にリンクを貼り、この記事を終えたいと思います。

月刊群雛 (GunSu) 2015年 08月号 ~インディーズ作家を応援するマガジン~

そして月刊群雛9月号は明日発売です! 本当にぎりぎりでした。