読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

”黎明”の笛読了

日記

黎明の笛という小説を読了いたしました。

この作品は二年前、数多久遠さんがAmazonkindle本で出したものです。そして今年、それが紙の本として出版されました。

僕にとってはKDP利用者の先輩になります。それで興味が湧いて買いました。感想をブログに載せる予定です。今は新作で手一杯なので宣伝のみとさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------------

あらすじ

空自幹部の倉橋日見子は、二年間交際していた陸自・特殊作戦群の秋津和生からプロポーズをうける。だが、上司に婚約の報告をしたその日から、日見子に対する情報保全隊の執拗なマークがはじまった。身辺を疑われる覚えのない日見子は、情報班の部下、安西とともに真相を探るべく、密かに動き出す。その矢先、秋津率いる約四〇名が演習場から突然失踪。直後、「竹島を“奪還”した」という驚愕の一報が!緊張が走る航空総隊司令部。はたして失踪メンバー、秋津たちの真の目的は?そして日本政府は、自衛隊はどう動くのか?情報の閉ざされた中、日見子の孤独な二四時間の戦いがはじまる…。

--------------------------------------------------------------------------------------

日本にはあまりないミリタリー小説。作者の数多久遠さんは元航空自衛官なので、中身はものすごくリアルに描かれています。

かなり今の情勢に切り込んだ内容となっております。詳しくは作者様HPさまにて、チャンネル桜で宣伝されている動画があります。

http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-ab2a.html