初瀬明生の創作部屋~Making Story~

電子書籍ストアに自作の本を出しているセルパブ作家が、その小説に関することや、何気ない日記を載せるブログです

「Back Ground Man」の発売日、無料キャンペーンについて

新作である「Back Ground Man」の表紙が出来上がりました。 今回はある方に手伝っていただきました。淡波亮作様でございます。経緯としてはFacebookで弱音を吐いていたところに手を差し伸べていただいたところです。 そうしてできた表紙。人物像は自分が書き…

新作「Back Ground Man」について

新作である「Back Ground Man」、略して「BGM」を現在鋭意制作中です。ただいま推敲第二段階目に入っております。その中身を、今日はご紹介。

KUで短編は売れるのか?

ダーティースノウを出版して数週間が経ちました。無料キャンペーンをし、99円販売の短編。 タイトルの結果を言えば、かなり成功した部類となっております。KUは長編有利と言われているので、短編は期待できないだろうな。まあ宣伝的な意味合いで出ればいいな…

初瀬明生、ごつ盛り沼に再度はまる・・・!

初瀬明生、今日の買い物中にある物を発見する・・・・! 「これは・・・・・・!」 ごつ盛り・・・・・・! 一年以上前に苦汁を嘗めた代物・・・・!

ダーティースノウ無料キャンペーン終了しました

ダーティースノウの無料キャンペーン終了しました。DL数は122、KUはなぜか334と丸々一冊分増えていました。なんでや! 今回の宣伝にRTいいねしていただき本当にありがとうございます。ランキングを絡めたものやら昼に挟んだもの様々ありましたが、多くの方々…

ダーティースノウ無料キャンペーン終了しました

ダーティースノウの無料キャンペーン終了しました。DL数は122、KUはなぜか334と丸々一冊分増えていました。なんでや! 今回の宣伝にRTいいねしていただき本当にありがとうございます。ランキングを絡めたものやら昼に挟んだもの様々ありましたが、多くの方々…

新刊「ダーティースノウ」告知。及び無料キャンペーンのお知らせ

新刊「ダーティースノウ」が発売となりました。予定より早くの出版となりました。ある方に推敲を手伝っていただいたおかげです。そこらへんに関しては後日談にて。 中身は2つの短編からなり、推理小説となっております。表紙にあるとおり、どちらも冬や雪に…

新作「ダーティースノウ」鋭意制作中

二編の短編を収録した新作「ダーティースノウ」をただいま制作中です。二時間ほどで読める推理小説を目指して作成しています。 タイトルに雪の文字がありますが、表題作の方は大して雪は関係ありません。むしろもう一方の方が雪に大きく関わっていくという謎…

初瀬明生、KENPの利益で公共料金を支払う

二月二回目の更新です。全くネタもないので今まで更新しませんでした。 二月のKENPは過去最高に伸びております。ただ、上位陣に比べれば耳かすのようなもので、公共料金をいくつか払うことができるレベルです(自動引き落としの補填)。改めて上位陣の偉…

次回作の予定

無名の聖域を販売して早一週間とちょっと。KENPはとりあえず過去最高の伸びではあります。ただ、一日で四桁近く行くというのが初という時点で過去最高というのはお察しください。表紙頼めるくらい稼げればヴィランズの続編でも書きたいですが無理だと思いま…

「無名の聖域」無料キャンペーン終了しました

本日2月2日をもって、無料キャンペーンは終了となりました。いやあ本当は二日間だけの予定でしたが、間違って三日間登録してしまいました。これは反省。 三日間の合計の無料DL数は145でした。エチュードあたりと比べると随分と減りましたが、それは短編と長…

「無名の聖域」表紙完成&日曜日発売

ついに完成しました。 長かったです。自分なりに表紙を描きました。タイトルなどはまだですが、とりあえず下地はこのような感じに。 中身は魔法が出てくるファンタジーのミステリーとなっております。時代は中世のヨーロッパのどこかを想定していますが、架…

2017年の抱負 ストレスに打ち勝つ方法

あけましておめでとうございます(約十日遅れ) 今年は特に変わりはなく、普通に今までのペースでいきたいと思います。正月休みもとっくに終わり、一週間以上前に戻りたいと思う今日この頃。 正月は暇で夜はテレビなんかをだらだらと見ていたのですが、そこ…

初瀬明生、2016年の総括

今日で一段落です。 よりにもよって今日の昼に宮部みゆきの「模倣犯」のドラマをやっていたそうです。それをすごく見たかったなあと思いを馳せながら今年を締めくくる文を書いております。 さて、今年を総括した言葉を一言で表すと、 いろいろなものに手を出…

「無名の聖域」初稿完成

ようやく「無名の聖域」が完成しました。原稿用紙の枚数は560枚。文字数にして22万字強。ここから削ったり付け加えたりするかもしれませんが、とりあえずはこの長さに落ち着くでしょう。ダークファンタジーミステリーという作品ですが、まあ長くなるのも必然…

サイコパスについての考察

サイコパスというと狂ってる人間を思い浮かべますが、実際はそういうものでは無い模様。調べてみると、感情が希薄で、他人に共感する能力が著しく低い人物のことのよう。 映画などにも色々とサイコパスは出てきます。僕が思い浮かべたのは『羊たちの沈黙』の…

初瀬明生、表紙作りに勤しむ

次に出す作品はダークファンタジーですが、これはちょっとした風景画では物足りないなということで、人物を中心にどんと据え置きたいのです。 というわけで表紙は自作にします。 しかし自分には全く絵心がありません。ましてや人物なんか描けるはずがない。…

やまがた麺パスポートVol.2を買いました。

いやあ買っちゃいました。文字通り、外食が割引になるパスポートです。 具体的に言うと、このパスポートには一店舗につき、基本的に一つのメニューが載っており、それが540円で食べられる代物です。 使い方は簡単で、注文時にパスポートを見せて、会計時にペ…

抹茶味のお菓子が嫌い

寒くなってきたのでこたつを出しました。東北はそれくらい寒くなりました。これがもう正解で、執筆もはかどるはかどる。こたつで食べるアイスも最高です。 さあこのアイスが販売される時期がやってきました。森永から販売されているチーズスティック。 これ…

10月の予定

ちょっと久しぶりのブログ更新。 十月はもっぱら執筆のみですね。中旬に夜霧麗子はなぜモテないのか、という作品をなろうに投稿すると思います。色々考えましたが、カクヨムの方は二重応募に引っかかるため同じ日に消すことにしました。 割とするする書けま…

次回作はダークファンタジーミステリー。タイトルは「無名の聖域」

ただいま執筆中です。ファンタジーというジャンルなので、魔法のある世界でのミステリーとなります。 舞台となる場所はリムルントという町。鎧戸がある木造の家々、川沿いの麦畑と家畜を飼う小屋、丘の上には石造りの領主の館と教会。そして片隅にひっそりと…

「夜霧麗子はなぜモテないのか」の続編について

すっかり秋となり、涼しくなって参りました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は風邪をひきました。 さて、今月の下旬にはカクヨムの漫画原作コンテストの一次の発表があります。それに投稿している「夜霧麗子はなぜモテないのか」ですが、これの続編を書…

「ヴィランズ:悪役たちの物語」無料キャンペーンやります

唐突ですが、ヴィランズの無料キャンペーンを4日間、明日の午後5時から始めます。なぜやるのかと言えば、ヴィランズを発売して一年が経とうとしているからです。あれから一年です。早いです。あれから誤字脱字や話の流れを修正し、第四版となりました。そ…

「君の名は。」レビュー(ネタバレなし)

自分はあまり映画を見ない人なのですが、RADWIMPSと新海アニメファンとしては見に行かざるを得なかった。それで見に行った結果、久しぶりに映画を見てよかったと思える傑作でした。もう一度映画館で見たいと思った映画はこれが初です。 あらすじ 東京に暮ら…

「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」無料キャンペーン終了しました。

今日の午後5時に無料キャンペーンが終了しました。ダウンロード数はちょうど100DLでした。RTと多くのダウンロードありがとうございます。 かねてから噂のあったこと。無料キャンペーン中の作品のKENPCが伸びるという謎現象。あれは私でも起きました。さるお…

「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」明日午後5時から無料キャンペーン

今日に間に合いませんでした! ちょっとギリギリまで推敲していて、夜遅くにようやく出版して、朝慌てて確認したらもう25日無料キャンペーンに登録できませんでした。 不本意ではありますが、明日26日の午後5時から無料キャンペーンを一日だけ行います。もし…

「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」発売直前情報 ファイナル「蝙蝠のはね」

発売直前小出し情報ファイナルです。 今回は作中作の第二編「蝙蝠のはね」について。 今回のお話は王木さんの企画「ティアドロップ」にて発表したコウモリの話を再構成して物語にしたものです。あらすじとしては、一人の男の子が羽に傷を負ったコウモリを少…

「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」発売直前情報 その三「軋む家」

発売直前小出し情報第三弾です。 今回は作中作の第一編となる「軋む家」の内容紹介に入りたいと思います。 「軋む家」 ――ある男が聞いた話 あらすじにもあるように、これは誰かから話を聞くという体で話が進んでいきます。誰かの会話から始まり、本編は第三…

「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」発売直前情報 その二「前書き」

昨日に引き続き、第二弾です。 第一弾はこちらから 「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」発売直前情報 その一「あらすじと表紙」 - 初瀬明生の創作部屋~Making Story~ 今日は、前記事でも触れられた小説の中の「前書き」を掲載したいと思います。本当の前…

「セルパブ作家 初瀬明生が死んだ夜」発売直前情報 その一「あらすじと表紙」

新作販売まであと一週間ほど(予定) それを見越し、これから徐々に新作の情報を小出ししていこうかと思います。中身の説明とか。 あらすじ 電子書籍ストアを通し、自分が書いた本を出版、いわゆる自己出版(セルフパブリッシング)をしていた初瀬明生(はせ…

「ヴィランズ: 悪役たちの物語」  読み放題対象に復活しました

今日までお盆休みでした。そして帰ってブログを確認したところ、前記事のコメントにて、ヴィランズが読み放題(KU)に対応されてないというご指摘を受けました。 さっそく確認しましたところ、休み前に登録したはずのKDPセレクトがなぜか解除されていました…

ヴィランズ~悪役たちの物語~がKindle Unlimitedの対象になりました

タイトル通り、一旦多販路販売を止めて、KDP一本に絞りました。他ストアではもうほぼ売れなくなってしまったので、このようにした次第であります。 というわけで、読み放題の対象となりました。これで青いグラフにお山が連なればなと思います。長いですが、…

新作の表紙の下地が完成

とりあえず文字は入れていないけど完成。 このモデルは誰かって? 私だよ! 自分でモデルすれば出演料とかも著作権も気にしなくていいのです。というわけで、表紙は初瀬明生が死んでいる図です。 さすがにこれだけでは地味かなと思います。血を少し付けてみ…

新作「セルパブ作家、初瀬明生が死んだ夜」の進捗状況

ようやく終わりました・・・。 本当はもっと早く終わりそうだったのですが、ちょっとラストにつまづいて遅れちゃいました。 今回は推理要素とかはないのですが、それでどう面白くするかにちょっと腐心しました。書いているうちにこれ面白いのか? って疑問に思…

初瀬明生、ケサランパサランを捕まえる!?

今日の帰り道にこんなものを見つけた。 これぞかの有名なケサランパサラン! 捕まえたら幸せになると言われるあの! 試しにケサランパサランで検索してもこういう似た画像が真っ先にくるから間違いない。 だが少し待ってほしい。ぬ~べ~を愛読していた世代…

BOOK☆WALKERで発見した機能、続編の配信お知らせについて

昨日何気なくBOOK☆WALKERを見ていたら、何やらメッセージが届いてました。それを開いてみると、中はこんな風になっていました。 こちらは杉浦絵里衣さん作、東京フラッパーガールの新刊です。昨日出たようで、それに合わせてこのメッセージが届いたようです…

ヴィランズ第四版発売されました。

修正が割と長めになっちゃいました。調べてみるとちょっとおかしいかなってところもあったり、煩わしい説明もあったりで結構切りました。まあそれでも645枚はあるのですが。 さて、もう発売されているものは当然最新版ではありますが、すでにダウンロードし…

近日の予定

ヴィランズの修正版は今日か明日には上げられそうです。セルパブ夏の100冊には間に合う・・・・・・はず。 四枚ほど短くなり、推理の整合性も少し上がったと思います。変わった部分は割と多めですが、本筋はほぼ関係ないです。 新作である初瀬明生が死ぬ奴は、ちょ…

七夕の夜にヴィランズの手直し

くぅ~疲れました。 まさか手直しして原稿用紙六枚ほど削れるとは思いませんでした。 久しぶりに読んだ感想は、説明が多すぎるということでした。文字数にすると2000字近く削ったということになります。あとは加筆も加えているので、初版のものよりは段違い…

タイトルは「セルパブ作家、初瀬明生が死んだ夜」に決定

タイトルが決まりました。 インパクトはあると思います。タイトルの提案をしていただいた方、特にくみたさんと倉下さんには頭が上がりません。これでいきたいと思います。

新作のタイトルについては進展があったものの悩んでいる

前記事ではいろいろとご意見ありがとうございました。 haseakio.hatenablog.com 正直ここまでもらえるのかというぐらいたくさんの意見をいただきました。 そこで前の1234についての、それぞれの意見をまとめてみました。

新作のタイトルを「KDP」か「セルパブ」か「インディーズ」か「初瀬明生」で迷ってる

新作のあらすじ ネット上で初瀬明生という名義で活動していた作家が執筆中に殺された。その事件を捜査する刑事が、興味を持ってその原稿を読むという話。 初瀬明生が殺された事件 →パソコンに残っていた小説 ・軋む家 ・蝙蝠のはね ・剥落 →まとめ という感…

会社概要も書いてみた

haseakio.hatenablog.com 前記事に引き続き、主人公が勤める会社の概要も書いてみました。

登場人物の履歴書を書いてみる

新作の「剥落」というタイトルの小説は、どうも長くなりそうですし、一番人間描写をきちっと把握しておかないと危うい。 そこで、どうするか。こう思い至りました。 そうだ。キャラの履歴書を書いてみよう。

新作について

ようやく新作の一遍が完成しました。今はまだ三万字ほどですが、もう少し増やす予定。 新作はちょっとした話の中に、三遍の短編が入ってます。そちらが一応本編というか、売り(?)になっています。そのタイトルと内容はこちら 「軋む家」――ある男が聞いた…

プライスマッチ、一部商品のみ元に戻りました

昨日の続報です。 haseakio.hatenablog.com 今日の昼ぐらいにメールが届いていました。「黒白トラディメント」と「止まない霧」は0円に戻りました。「Fと成りうる者」はこちらのミスです。修正した後またメールをします。すぐに戻ると思います。 たまに解除…

プライスマッチが切れた件

右のウィジェットを見ていただくとわかると思いますが、今まで無料だった三作がなぜか急に有料となってしまいました。 これは由々しき事態なので、すぐにカスタマーサービスに連絡しました。 いつからそうなったのかはわかりません。気づいたのは今日です。 …

六月の目標

目標とはいっても、今月は特にすることはなさそう。公募も終わりましたし。 とりあえず八月辺りに向けての新作を書き進める。読書をする。くらいしか今のところはないかな、と思います。

精選集はいいぞ

精選集というのは、読んで字のごとし、精査されて選ばれた作品のことである。これについては音楽とかいろんなジャンルでも使われる言葉だけど、今回の話は、いろんな作家の作品を集めた小説のことを指す。 今私が読んでるのは、イニシエーションラブ、赤井さ…

ようやく終わりました

とりあえず長いこと抱えていた案件が済み、ようやく新作に着手できそうです。たぶん知ってる人は知っている。 疲れました。 新作はたぶん7月か8月になりそうです。ただいまプロットと本文を同時制作中。新作の冒頭についてはこちらから。 haseakio.hatenablo…